CHIBICO BLOG

[ ブランディングデザイン ]

ブランディングデザインとは何か?

ブランディングデザインとは、企業や商品などのブランドイメージを構築・維持するためのデザインのことを指します。具体的には、ロゴ、パッケージデザイン、ウェブデザイン、広告デザインなどが含まれます。ブランディングデザインは、企業のコンセプトや価値観を反映し、消費者に印象的なメッセージを伝えることが目的となります。また、ブランドの差別化や競争力の向上にも重要な役割を果たします。ブランディングデザインは、単なる美的要素だけでなく、戦略的な観点からもデザインされることが多く、ビジネス戦略と密接に関わっています。


■ ブランディングデザインの概要

ブランディングデザインの概要

[ 画像引用 ] Creative Soupより

[ ブランドとは何か? ]

ブランドとは、商品やサービスに関する顧客の認識や評価を形成する、独自の価値やイメージの集合体のことを指します。商品やサービスの提供者が、自社や自社の商品・サービスを差別化するために作り上げるものであり、消費者に対して強い印象を与えることが目的です。ブランドには、ロゴや名称、スローガン、カラーなどの視覚的な要素だけでなく、商品の特長やコンセプト、企業理念などの非視覚的な要素も含まれます。また、ブランドは企業イメージや企業文化を形成するため、社員教育やコミュニケーションの一環としても重要な役割を果たします。

[ ブランディングデザインとは何か? ]

ブランディングデザインとは、企業や商品、サービスなどのブランドを形成するために、視覚的な要素をデザインすることを指します。具体的には、ロゴやカラー、フォント、パッケージデザインなどを設計し、ブランドイメージを統一的に表現することが目的です。また、ブランドストーリーを視覚化するためのグラフィックデザインや広告デザインなども含まれます。ブランディングデザインは、商品やサービスの差別化や消費者に対する印象づけに大きな影響を与え、ブランド価値を高めることができます。企業や商品、サービスの特徴やコンセプトを視覚的に表現することで、消費者に強いアピールをすることができるため、競合他社との差別化やブランドイメージの統一を目指す企業にとって重要な要素となっています。

ブランディングデザインの目的

ブランディングデザインの目的

ブランディングデザインの目的は、企業や製品、サービスなどのブランド価値を高めることです。ブランディングデザインは、ロゴ、カラーパレット、タイポグラフィ、アイコン、パッケージデザインなど、ビジュアルな要素を通じてブランドの個性やイメージを表現し、顧客にアピールすることが目的となります。また、ブランディングデザインは、企業のビジョンや価値観を表現し、顧客とのエンゲージメントを促進することで、ブランドのロイヤリティや認知度を高めることを目的とする場合もあります。最終的には、ブランド価値を高めることで、企業のビジネス成果を向上させることが目的となります。

● ブランドイメージの統一

ブランドイメージの統一とは、企業や製品などのブランドを一貫して、統一されたイメージで認知されるようにすることです。これは、消費者がブランドを認識し、信頼し、忠誠心を持つために重要な要素です。ブランドの統一性を保つことで、企業や製品の強みを伝え、ブランド価値を高めることができます。ブランドイメージの統一は、ロゴやカラースキーム、広告などのデザイン要素だけでなく、企業文化やブランドの価値観なども含みます。すべての要素が一貫性を持って伝えられることで、ブランドの統一性が高まり、消費者の心に深く刻まれる印象を与えることができます。

ブランドの差別化

ブランドの差別化とは、同じ業界や市場に存在する他の競合ブランドとの差を明確にすることで、顧客の心に鮮明な印象を残し、自社ブランドの強みをアピールすることを言います。差別化には、商品やサービスの機能的特徴、価格、デザイン、ブランドイメージ、広告などが利用されます。差別化されたブランドは、市場競争に勝ち抜くことができ、顧客のロイヤルティを高めることができます。

ブランドの認知向上

ブランドの認知向上とは、消費者に対してブランド名や製品やサービスを知ってもらい、そのブランドに関連する知識やイメージを持ってもらうことを指します。ブランドの認知度が高いほど、消費者はそのブランドに興味を持ち、商品やサービスを購入する可能性が高くなります。そのため、ブランドの認知向上を図るためには、広告やマーケティング活動、PRなどの方法を用いて、消費者にアピールする必要があります。また、良い製品やサービスを提供することも、ブランドの認知向上につながります。

ブランド価値の向上

ブランド価値の向上とは、ブランドに対する消費者の認知や評価の向上を意味します。優れたブランディング戦略によって、消費者はそのブランドに対してポジティブな印象を持ち、そのブランドが提供する商品やサービスに対して高い価値を認めるようになります。その結果、顧客獲得や顧客ロイヤルティの向上、商品やサービスの価値向上、売り上げの増加などが期待できます。ブランド価値は、ブランドの認知度やイメージ、顧客満足度、競合との差別化などに影響されます。

● ブランドイメージの視覚化

ブランドイメージの視覚化とは、ブランドのアイデンティティーやコンセプト、ポジショニングを視覚的に表現し、消費者に訴求することです。ロゴデザイン、カラーパレット、タイポグラフィ、広告、パッケージデザインなどを通じて、ブランドがどのような価値観やイメージを持っているかを伝えます。視覚的な表現は、消費者の心に残り、ブランドとのエモーショナルなつながりを深める効果があります。また、一貫性のある視覚的表現はブランドイメージの統一につながり、消費者に信頼感を与えることができます。

■ ブランディングデザインの重要性

ブランディングデザインの重要性

ブランディングでは、初期のプロセスにおいて経営者やブランドマネージャーのような立場で責任を持ち主体性をもって行動する必要があります。それは、ただ単に表層的なデザインを行うのではなく「想い」や「考え」「ビジョン」を理解し明確な「ビジュアル」として形にしなければならないからです。

差別化のためのブランディングデザイン

ブランディングデザインは企業の差別化に欠かせない重要な要素です。差別化を図るためには、顧客に伝えたいブランドイメージを具現化し、視覚的に表現することが必要です。企業が提供する製品やサービスの特徴や、独自性を表現することで、他社との差別化を図り、ブランドの認知度や信頼性を高めることができます。また、差別化されたブランディングデザインは、競合他社からの差別化だけでなく、消費者の心に深く刻まれ、強いブランドロイヤルティーを生み出すことができます。

消費者との共感を生むブランディングデザイン

消費者との共感を生むブランディングデザインは、ブランドと消費者のつながりを深め、信頼関係を構築することを目的とします。消費者がブランドに共感するには、その価値観やライフスタイルを反映したデザインが重要です。また、消費者が求める機能性や利便性にも配慮することが必要です。共感を生むデザインを通じて、消費者とのコミュニケーションを深め、ブランドのファンを増やすことができます。

ロイヤルティを高めるブランディングデザイン

ロイヤルティを高めるブランディングデザインは、消費者がブランドに対して忠誠心を持ち、継続的に利用することを促すために行われます。そのためには、消費者がブランドとの共感を感じることが重要であり、デザインやコミュニケーションによってブランドのストーリーやバリューを伝え、消費者の心に訴えかけることが必要です。また、ブランドの信頼性や品質についての情報提供や、利用者に対するサポートの提供なども、ロイヤルティを高める上で重要な要素となります。

■ ブランディングデザインの4つの要素

1. ロゴデザイン

ロゴデザイン

ロゴデザインとは、企業やブランドのイメージを象徴するシンボルやマークをデザインすることで、視覚的に認知度を高めたり、消費者の興味を引いたり、ブランドイメージを強化するためのデザインです。最も基本的なブランドアイデンティティの一つであり、ブランディングにおいて非常に重要な役割を担います。

2. フォント

フォント

フォントは、ブランディングデザインの中でも重要な要素の1つであり、文字の印象やイメージを決定します。ブランドのコンセプトやターゲット層に合わせたフォントを選ぶことで、視覚的にブランドの特徴を表現し、ブランドイメージを強化することができます。また、フォントの統一を図ることでブランドの統一感を出し、ロゴとの相性も考慮したデザインが求められます。

3. カラーパレット

カラーパレット

カラーパレットとは、ブランドイメージを構成する色の組み合わせを指します。ブランドイメージに合ったカラーパレットを選定することで、視覚的に強い印象を与え、ブランドの認知度を高めることができます。また、特定のカラーが消費者に与えるイメージや感情を把握し、戦略的にカラーパレットを選定することで、ブランドイメージをより具体的かつ深いものにすることができます。

4. 写真やイラスト

写真やイラスト

写真やイラストは、ブランドのイメージを表現する上で重要な役割を果たします。適切な写真やイラストは、商品やサービスの特徴や魅力を伝えたり、目的やコンセプトを明確に伝えるために使われます。写真やイラストの選択や使用方法によって、ブランドイメージが強化されることもあれば、損なわれることもあります。したがって、適切な写真やイラストの選択と使用は、ブランディングデザインにおいて重要な要素の一つです。

■ ブランディングデザインの成功事例

ブランディングデザインの成功は、顧客に明確で一貫性のあるブランドイメージを提供することによって、ブランド認知度や顧客ロイヤルティを高め、競合他社との差別化を図ることができることにあります。成功するブランディングデザインは、ビジネス戦略や市場ニーズに基づいて設計され、ターゲットオーディエンスとの共感を生むデザイン要素を組み合わせています。また、ロゴ、フォント、色彩、写真やイラストなどの要素が、一貫性を持って使用され、ブランドの視覚的な統一性を確保しています。

Appleのブランディングデザイン

Apple|ブランディングデザイン

Appleは、IT業界において最も強力なブランドの一つとされています。Appleのブランディングデザインは、単に商品やサービスの提供を行うだけでなく、個人のライフスタイルやアイデンティティーまでも表現しています。そのデザインは、シンプルでありながら、革新的で美しく、誰にでも親しみやすいものとなっています。また、Appleのブランディングは、会社の使命や哲学に基づくものでもあります。彼らのブランディングデザインは、世界中の人々に強い感情的な共感を呼び起こし、顧客によるブランドロイヤルティーの向上に貢献しています。例えば、Appleのロゴマークは、1977年以来ほとんど変わっておらず、時代に合わせた微調整を施しながら、革新的であること、シンプルであることを表現しています。彼らのマーケティング戦略は、顧客に感情的な価値を提供することに重点を置いており、彼らの製品は単に機能的であるだけでなく、顧客のライフスタイルやアイデンティティにフィットするように設計されています。

[ 画像出典 ] AppleiPhone Maniaより

Nikeのブランディングデザイン

Nike|ブランディングデザイン

Nikeは、世界的に有名なスポーツウェア・スポーツ用品メーカーであり、ブランドとしての価値も高いとされています。彼らのブランディングデザインは、非常に強力で認知度が高く、自社製品のアイデンティティを明確に伝えています。特に、有名な「スウッシュ」のマークは、非常にシンプルで覚えやすい形状であり、世界中の人々に親しまれています。また、Nikeはアスリートと密接に結びついているブランドであり、自己超越やチャレンジ精神、勝利への執着心など、スポーツに対するポジティブなメッセージがブランディングに反映されています。さらに、Nikeの広告やマーケティング戦略は、常に新しく斬新で、ファンを引き付けることに長けています。これらすべてが、Nikeが世界的に有名なブランドに成長した理由の一つとなっています。

[ 画像出典 ] StudiosIts Nice Thatより

Fedexのブランディングデザイン

Fedex|ブランディングデザイン

FedExは、世界的な宅配便業者であり、その革新的なブランディングデザインによって、業界での地位を確立しています。FedExのロゴには、「Ex」と「Fed」の間に小さな矢印が入っています。これは、スピードと正確性を象徴しており、お客様に確実に荷物をお届けすることを約束するメッセージを伝えています。また、赤と紫の色のコントラストが強く、鮮やかで覚えやすく、視覚的に印象的です。さらに、FedExのスローガン「The World On Time」は、ブランドの信頼性と地球規模の宅配サービスを強調する言葉です。このように、FedExは、その独自のデザインとメッセージングを通じて、宅配業界での差別化を図り、世界中のお客様からの信頼を得ています。

[ 画像出典 ] フェデックス公式サイトより

airbnbのブランディングデザイン

airbnb|ブランディングデザイン

airbnbは、ユーザーが宿泊施設を予約する際に利用するサービスであり、世界中に知られたブランドの一つです。airbnbのブランディングデザインは、シンプルで親しみやすいイメージが特徴で、赤を基調としたカラーパレットや、小さな三角形のデザインが象徴的なマークとして用いられています。このマークは、家の形をイメージさせ、airbnbが提供する宿泊サービスとの関連性を示すとともに、人と人が繋がることを表現しています。また、airbnbのブランディングデザインは、ユーザーとのエンゲージメントを促進するために、SNSなどでシェアされやすいデザインにもなっており、親しみやすく、世界的に親しまれているブランドの一つです。

[ 画像出典 ] エアビーエンドビー公式サイトより

Starbucksのブランディングデザイン

Starbucks|ブランディングデザイン

スターバックスは、世界的に有名なコーヒーブランドであり、ブランディングデザインに非常に力を入れています。スターバックスのロゴは、緑色のシンボルと、スターバックスという文字が書かれたシンプルなデザインです。また、スターバックスは店内のデザインにもこだわり、暖かみのある木の内装やアート作品、ショーケースに並ぶ商品など、全てがスターバックスのブランドイメージに沿っています。さらに、スターバックスは社会貢献活動や環境保護にも力を入れており、コーヒー豆の調達から、リユーサブルカップの普及まで、ブランドイメージと社会的使命を融合させたブランディング戦略を展開しています。スターバックスのブランディングデザインは、コーヒーラバーにとってのお気に入りの場所としてのイメージを強く印象づけ、長年に渡り、世界中で愛され続けるブランドになることに成功しています。

[ 画像出典 ] スターバックス公式HPより

Legoのブランディングデザイン

Lego|ブランディングデザイン

Legoは、創業以来一貫して子どもたちの創造性を育むおもちゃを提供することに取り組んできました。Legoのブランディングデザインは、そのコンセプトに沿ったものであり、子どもたちの想像力をかきたて、創造性を刺激するものです。Legoのロゴは、明るくカラフルなブロックで構成されており、子どもたちの未来への希望を表しています。また、Legoのブロックは、簡単に組み立てられ、分解できるように設計されており、子どもたちの創造力を自由に発揮できるようになっています。さらに、Legoの製品や広告は、子どもたちが自由に想像できるように簡潔で明快なデザインが採用されています。Legoのブランディングデザインは、子どもたちが自由に想像力を使い、自分たちのアイデアを形にできることを支援するために設計されています。これがLegoが世界中の子どもたちに愛され続ける理由の一つです。

[ 画像出典 ] LEGO公式サイトより

McDonald'sのブランディングデザイン

McDonald’sのブランディングデザイン

McDonald’sのブランディングデザインは、世界的に有名で誰もが認識するような親しみやすいマスコットキャラクター「Ronald McDonald」や「Golden Arches」のマークなどを通じて、長年にわたって消費者に親しまれています。また、赤と黄色を基調としたカラーリングや、親子連れがくつろげるような店内の雰囲気など、ブランドイメージに一貫性があります。近年では、健康志向の高まりに対応して、ヘルシー志向のメニューや、マクドナルド独自のグローバル・フード調査機関「マクドナルド・フード・ボーイズ」によって開発された商品の提供など、新しい価値を提供する取り組みも行っています。こうしたブランディングデザインの戦略が、マクドナルドのグローバルブランド価値を高める一因となっています。

[ 画像出典 ] RomanMacdnalds Cyprusより

■ まとめ

ブランディングデザインは、企業や製品のイメージを形成する上で非常に重要な要素です。ロゴデザイン、カラーパレット、フォント、イメージ写真やイラスト、パッケージデザインなど、様々な要素を組み合わせて、独自のブランドイメージを形成することが求められます。成功事例を参考にしながら、自社のブランディングデザインの改善点を見つけ出し、より魅力的なブランドを構築することが大切です。

■ おすすめ関連記事

CI(コーポレートアイデンティティ)戦略とデザイン開発

[ おすすめ記事 ] CI(コーポレートアイデンティティ)戦略とデザイン開発
https://chibico.co.jp/blog/branding-design/ci-046/

VI(ビジュアル・アイデンティティ)の意味や目的と開発とは

[ おすすめ記事 ] VI(ビジュアル・アイデンティティ)の意味や目的と開発とは
https://chibico.co.jp/blog/brand-strategy/visualidentity-development-73/

VI(ビジュアル・アイデンティティ)とは何か?

[ おすすめ記事 ] VI(ビジュアル・アイデンティティ)とは何か?
https://chibico.co.jp/blog/branding-design/vi-visual-identity-017/

関連記事

VIビジュアル・アイデンティティ
VI(ビジュアル・アイデンティティ)とは、企業やブランドのビジュアル面にお…
CIコーポレートアイデンティティ戦略とデザイン開発
CI(コーポレート・アイデンティティ)戦略は、企業が自己を外部にアピールす…
暮らしの中で見聞きすることが多いのブランドスローガン。しかし、そのフレーズ…
ブランドブックの目的や構成と開発ポイント
ブランドブックとは、ブランドの方向性や価値観、目指すべき姿や理念などを理解…
ブランドブック-デザイン
ブランドブックは、ブランド戦略の一環として制作されることが増えてきています…
ネーミング開発ヒットの法則
製品やサービスにとって、ネーミングは非常に重要です。顧客に印象的なイメージ…
ロゴガイドライン
ブランドの顔でもあるブランドロゴをデザインする際に、ロゴガイドラインも同時…
ロゴデザイン開発の定番フォントとは?
ロゴデザインのイメージを決定づける重要な要素のひとつにフォントがあります。…
シンボルとロゴデザイン
シンボル・ロゴのデザインはブランドの顔であり象徴です。ブランドのコンセプト…
クレドの必要性と効果とは何か?
インナーブランディングとは、企業が社員に対してブランドの方向性や目指すべき…
  • CATEGORY

  • 日々の暮らしの中の愛用品や街で見かけた気になるデザイン
    弊社のデザイン実績などをご紹介させていただきます。
    ブランディングを語る際に使用する用語集です。
    分からない用語が出てきた場合などにご活用ください。