CHIBICO BLOG

[ ブランディングデザイン ]

ブランディングデザインとは何か?

ブランディングデザインという言葉をご存知でしょうか?ブランドをデザインするということは、単にロゴをデザインしたり広告を制作することではありません。ブランドのリサーチやコンセプト立案、トーン&マナーの設定、多岐にわたるアプリケーションデザイン開発からガイドライン制作など大きな流れの中でブランドの根幹を築き正しくコミュニケーションデザインしていくことなのです。すなわち、ブランド全体が統一されたデザインの世界観で構築できないとブランディングデザインとは言えないのです。


ブランディングデザインの領域

● コンセプト立案&プランニング
● コンサルティング
● トータルディレクション&プロデュース

グラフィックデザイン・空間デザイン・WEBデザイン・広告デザイン・パッケージデザインなど領域の幅が広く多岐にわたるため専門性の高い知識はもちろんのことトータルでのディレクション能力やコンサルティングの知識が求められるケースがほとんどです。

経営をデザインする視点が重要

● 経営者の「ビジョン」とデザイナーの「表現力」との融合

ブランディングでは、初期のプロセスにおいて経営者やブランドマネージャーのような立場で責任を持ち主体性をもって行動する必要があります。それは、ただ単に表層的なデザインを行うのではなくクライアントの「想い」や「考え」「ビジョン」を理解し明確な「ビジュアル」として形にしなければならないからです。

デザインとブランディングデザインの大きな違い

ブランドコンセプトをデザインとしての具体的な形や色に変換することによって視覚から感覚的に伝わます。そして、ブランドコンセプトに基づいた一貫性のあるデザインで世界観を構築することによってブランドのニュアンスや雰囲気を表現し伝えることができます。このことが単なるデザインとブランディングデザインの大きな違いなのです。

【 おすすめ記事 】 CI(コーポレート・アイデンティティ)の意味や目的と開発について
https://chibico.co.jp/blog/branding-design/ci-corporate-identity-018/

【 おすすめ記事 】 VI(ビジュアルアイデンティティ)とは何か?
https://chibico.co.jp/blog/branding-design/vi-visual-identity-017/

関連記事

自動車会社のブランドステートメント開発事例
ブランドステートメントは、企業イメージを短い言葉で伝えるためのキャッチフレ…
ブランドステートメントの開発事例(鉄道会社編)
ステートメントとは、日本語に訳すと発言、声明、宣言、供述、提示、報告書など…
CI(コーポレート・アイデンティティ)という言葉を聞いたことがある。もしく…
ブランディングにとってのデザインとは、ブランドの世界観を構築し伝えることで…
ネーミング開発のポイントと表現方法
企業はもちろん、商品やサービスに至るまで、企業の資産のほとんどのものに名前…
シンボル・ロゴのデザインはブランドの顔であり象徴です。ブランドのコンセプト…
WEBブランディング
WEBブランディングとは、企業のブランド価値をWEBサイトを通じて訴求し、…
ロゴデザイン開発の定番フォント10選
有名ブランドのロゴデザインの多くはロゴタイプのみ(文字のみ)のシンプルなデ…
ビール業界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブは米国内で販売する「バド…
logo,symbol,ロゴデザイン,シンボル
企業や商品、サービスの顔とも言えるブランドのシンボルやロゴを新しくデザイン…
  • CATEGORY

  • 日々の暮らしの中の愛用品や街で見かけた気になるデザイン
    弊社のデザイン実績などをご紹介させていただきます。
    ブランディングを語る際に使用する用語集です。
    分からない用語が出てきた場合などにご活用ください。