CHIBICO BLOG

logo,symbol,ロゴデザイン,シンボル

[ ブランディングデザイン ]

ブランドのシンボルとロゴデザイン開発のポイント

企業や商品、サービスの顔とも言えるブランドのシンボルやロゴを新しくデザインすることは難しいことです。人々にとって覚えやすく、企業のブランドイメージに合致したシンボルやロゴデザインをすることは、「ブランディング」においてとても重要です。名刺や封筒をはじめWebサイト、パッケージ、広告、サイン等あらゆるものに展開されるため与える影響も大きのです。では、実際にシンボルやロゴのデザインを開発する上で、どのようなポイントがあるのでしょうか。


ブランドの顔としてのシンボル・ロゴデザイン

左 : スリーポインテッド・スター  右 : 正式名称(ブランド名)

ブランドと人々を結び付けるためにシンボル・ロゴは重要な存在です。例えば取引をしたい人にとっては、事前にブランドのイメージを伝えることができます。そう言った意味でもシンボル・ロゴのデザインは、イメージやメッセージを凝縮した企業の顔なのです。シンボル・ロゴのデザインが良くないことは、商品やサービスが伝わる前に悪いイメージを与えてしまうのです。それでは、シンボルやロゴとは一体何なのでしょうか?シンボルとは、象徴的なマークとして古くは盾や紋章として使用されていました。一方、ロゴとはロゴタイプを略したもので社名やブランドの名称をデザイン化したもので文字の延長線とも言えます。

優れたブランドのシンボル・ロゴデザインとは?

ブランディングにおいてシンボル・ロゴデザインの重要性はとても大きいのです。人の視覚的要素として記憶に最も直結しているのが企業や商品、サービスなどのシンボルやロゴのデザインです。優れたデザインは単純に見た目が美しいだけではなく、ビジネスにおいても大きな効果と価値を生み出します。既存顧客からのロイヤリティ獲得に加え、広告やプロモーション活動においても効果を発揮し、競合との差別化要因にもなります。正しくシンボルやロゴをデザインし運用(ロゴガイドライン)すればブランドの認知や価値も高まります。

シンボル・ロゴデザイン開発のポイント

[ 感覚的 ]

● 独自性 / 他と類似しないオリジナリティがあるか?
● 信頼性 / 安心できる誠実さを感じるか?
● 造形性 / 多くの人が見て心地よく感じる美しいデザインか?
● 国際性 / 海外で使用する場合、国による風習の違いなどを考慮しているか?
● 先進性 / 時代の先を見据えた新しさを感じるデザインか?

[ 機能的 ]

● 視認性 / あらゆる環境化で識別できるか展開性あらゆる媒体に展開しやすいか
● 展開性 / あらゆる媒体に展開しやすいか
● 記憶性 / 記憶に残るデザインか
● 普遍性 / 時代の流行に影響を受けず、不特定多数の人が共感できるデザインか
● 再現性 / 特殊な媒体であっても正しく表示できるか

シンボル・ロゴデザイン考え方と開発事例

[ シンプル ]

レオナルド・ダ・ヴィンチは、”シンプルである事は究極の洗練だ”と言いました。デザインにおいてシンプルである事はある意味完成形です。ロゴデザインに関しても同じで、シンプルである方が見た人に覚えてもらいやすく、脳がそのロゴデザインを感覚に変換しやすくなります。何度も変更が施されているロゴの場合は、その度にどんどんシンプルになってきています。これにはきちんとした意味があります。デザイナーがロゴデザインを行なう際の間違いの1つが、グラデーションやシャドー、過剰な数の色を使ってしまう事です。これ以上ないぐらいに削ぎ落としシンプルな方が良いロゴデザインとされています。

[ 独自性 ]

完璧なロゴデザインは、独自性が高く唯一無二の存在です。仮に模倣者が現れたところで、オリジナルの独自性は損なわれません。完成度の高いロゴデザインは、細部にまでこだわったオリジナルの書体でデザインし、ブランドカラーも厳選したもので表現することで独自性を打ち出しています。独自性の強いなオリジナルなロゴをデザインするなら、前例のないことに挑戦するべきです。

[ 普遍性 ]

ロゴのデザインがころころ変わってしまっていてはユーザーが混乱してしまい、企業のブランドイメージも定着しにくくなります。一方で、昔から同じロゴデザインで消費者に愛されているブランドは、普遍的なイメージ構築に成功しています。トレンドを追いかけたデザインは時代と共に陳腐化しますが、基本に忠実で無駄を極力排除した洗練されたデザインは、何年経ってもその魅力が色あせる事は無く普遍的な存在であり続ける事が出来ます。

[ 可読性 ]

ロゴをデザインする時に最も気にしなければならないのが、それがどのように利用されるかという事です。名刺やWebサイトを始めとして各種広告、動画、ビルボード、新聞掲載、Tシャツ、ステッカー、カップケーキに至るまで、ロゴは様々なメディア上で利用される多面性を持ち合わせている必要があります。その為には過度な拡大や縮小、モノクロ低解像度での印刷にも耐えられる必要性が出てきます。それを考えればロゴデザインは自ずとシンプルで構成要素の少ないものになるべきなのです。

[ 再現性 ]

WEB・紙媒体、カラー・モノクロ、サイズの大小等に関わらず、再現できるロゴデザインになっているかがとても重要です。例えば、ロゴを小さく表示すると一部がつぶれてしまたり、印刷で再現できないような色を指定している場合には、どれだけ素敵でカッコいいロゴデザインであっても無意味なのです。エフェクト処理としてドロップシャドウやグラデーション等は、よく目にする手法ですが、適切に上手く使用しコントロールできなければ、文字の可読性や造形性、再現性を大いに損ねてしまします。影は薄め、ぼかし幅や影の移動量が僅かであっても立体的な効果は得られます。主役を脅かす派手な処理はなるべくさけ、控えめなデザイン表現を心掛けるべきです。

企業がシンボル・ロゴデザインを開発し運用する目的

企業がブランドを認知してもらうためにはシンボルやロゴが必要です。デザイン開発や運用にはコストが掛かりますが、企業や商品、サービスのブランドイメージをアップさせるためにも欠かせないものであることは言うまでもありません。企業がシンボルやロゴのデザイン開発のために高額な費用をかけているのには理由があるのです。それはシンボルやロゴ正しく運用し展開することで、最終的に売上や集客アップにつながり、ビジネスとして大きな成果が得られるからなのです。

シンボル・ロゴはブランディングにおける重要なツール

人は情報の大半を目から得ます。人の目は文字よりも絵や写真などに無意識に引き寄せられる性質を持っており、目から入った絵や写真は右脳で処理されます。左脳が言語的、論理的なことを扱うのに対して、右脳は非言語的で直観的、感情的なことを扱います。目から入ったシンボルやロゴがかっこよかったり、好感のもてるデザインであると直感的に感じると、良いイメージが長期にわたって記憶されるのです。そして、物事を認識するスピードというのも重要なのです。シンボルやロゴなど分かりやすく視覚化されたものは、脳が瞬時に認識するのです。
よく分からない知らないブランドよりも知っているブランドの方が商品やサービスなど選ぶ上でも強いアピールとなり、安心感を与えることができます。その結果として、好きなブランドのシンボルやロゴの入ったパッケージやショッピングバッグなどを持つだけで誇らしげな感覚や満足感を顧客に与えることにも繋がります。それがブランディングという考え方なのです。

まとめ

ブランディングの顔としてのシンボルやロゴデザインの重要性がわかっていただけたのではないでしょうか。多くの有名企業やブランドが強く印象に残るデザインをしているのは、全てブランディングのためです。言葉だけ聞くと難しく感じ、何から始めて良いのかわかりづらいブランディングですが、まずは自分たちのブランドを象徴する顔としてのシンボルやロゴデザインとは何が最適なのかを考えることが重要なのです。

【 おすすめ記事 】 ブランドのシンボルとロゴデザイン開発のポイント
https://chibico.co.jp/blog/branding-design/symbol-carbrand-053/

関連記事

credo design
インナーブランディングとは、企業が社員に対してブランドの方向性や目指すべき…
ビール業界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブは米国内で販売する「バド…
ブランディングという言葉が広告業界やデザイン業界、プロモーションやマーケテ…
ロゴデザインのイメージを決定づける重要な要素のひとつにフォントがあります。…
ブランディングデザインという言葉をご存知でしょうか?ブランドをデザインする…
暮らしの中で見聞きすることが多いのブランドスローガン。しかし、そのフレーズ…
日常生活の中で、すぐに思い出せる企業は、いつも同じことを語り商品やサービス…
自動車ブランドにとって、シンボルのデザインはとても重要な存在です。その理由…
ステートメントとは、日本語に訳すと発言、声明、宣言、供述、提示、報告書など…
ブランドステートメントは、企業イメージを短い言葉で伝えるためのキャッチフレ…
  • CATEGORY

  • ブランディングを語る際に使用する用語集です。
    分からない用語が出てきた場合などにご活用ください。
    日々の暮らしの中の愛用品から街で見つけたデザインまで
    気まぐれに採集しています。
    弊社がブランディング開発をしてまいりました
    プロジェクトごとの実績集です。