コーポレートブランド(企業)

Corporate Brand

コーポレートブランドは、いわゆる企業ブランドのことで、その会社名がひとつのブランドとなることです。コーポレートブランドは意図して作られるものと結果としてブランドとなったケースがあります。特に何か商品を企業が生産する場合にはその品質や価格が重要になり、市場で評価されます。この評価がいずれはブランドとして通用するようになります。一方で、最初から意図をもってコーポレートブランドとする場合には、会社名と商品やサービス名を同じものにすることによって、そのブランド力を高めることができます。商品・サービス名が企業名より有名となり、浸透した場合、商品名などをそのまま社名とするパターンも中にはあります。ブランドを高めるメリットとしては、その商品やサービスを利用者がイメージし易いということで商やサービスの選択するさいにプラスに作用するといった面があります。