DICTIONARYブランディング用語集

CSR

CSR

CSR(Corporate Social Responsibility)とは、事業活動を行なうだけでなく、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮、地域社会との共存・貢献といった企業が果たすべき社会的責任を指すビジネス用語です。上場企業や株式会社は、成長とともに従業員や消費者、地域住民、クライアントなどのステークホルダーの範囲が拡大します。そのため、「株主などの投資家の持ち物」から、社会に大きな影響を与える存在へと変わり、企業経営者を含む経営層には社会的責任が求められるようになります。また、社会的責任への説明責任が求められる一方で、企業がCSRを重視することは、企業経営の見直しや組織力の向上、経営の効率化、リスクマネジメント体制の構築にもつながります。