SERVICE ブランドの「らしさの構築」

IDENTITY DEVELOPMENTアイデンティティ開発

独自のイメージを構築し伝えることで多くの人々にブランドを認知させる

CIとは、もともとコーポレート・アイデンティティ(Corporate Identity)の略称です。 企業が理念やビジョンを社会と共有し企業内外に統一したイメージをつくることで、より良い会社をつくろうとする企業戦略を指します。 その様なCI活動の中で企業の象徴となるシンボルマークやロゴタイプといった視覚(ビジュアル)の統一をしようという計画を VI、ビジュアル・アイデンティティ(Visual Identity)と呼びます。つまりVIとは、CIという企業戦略を構成する要素のひとつなのです。 CIとは単にシンボルやロゴをデザインすることと誤解されることも多いのですが、それはCI開発本来の目的ではありません。

 

CORPORATE IDENTITY コーポレート・アイデンティティ

企業の理念やビジョンを具現化し展開します

シンボルやロゴマークをデザインし、あらゆるステークホルダーに企業のビジョンやコンセプトを発信します。そしてロゴのデザインだけでなく展開まで拡張性をもたせルール化し定着させることでCIの効果を高めます。シンボルやロゴマークといったCIの開発には、マーケティングのアプローチとクリエイティブなアプローチの両方が必要です。CIには社員のモチベーションやロイヤリティの向上、社会・メディアの印象管理、取引先などへの付加価値提供など多くのターゲットに効果をもたらす役割が期待されています。クリエイティブで直感的な訴求力を最大限に活かしながら、多くの方々に共有されるべきストーリー性を重視しCIデザインの設計制作に取り組んでいます。

  • 企業理念・ビジョン策定
  • 企業スローガン開発
  • シンボル・ロゴマークデザイン
  • 名刺・封筒・レター等のデザイン
  • 車輪デザイン・サイン計画
  • WEBサイトのデザイン運用
  • CI ガイドライン制作
  • その他
 

VISUAL IDENTITY ビジュアル・アイデンティティ

視覚的な展開において整合性と統一化を図ります

パンフレットやWEBサイトはもちろん、ステイショナリーからサインまであらゆる展開物におけるビジュアルを統一いたします。デザインを通じたコミュニケーションを構築し、お客様からの信頼や社員のみなさんのモチベーションを高めるソリューションとしてトータルに開発します。VIを開発するためのデザインコンセプトのアプローチは様々です。歴史や権威、信頼性を重視する場合もあればクリエイティブな発想力やイノベーティブな創造性を重視する場合もあります。いずれの場合にもデザインのメッセージをあらゆるメディアやシーンに浸透させることで、ブランドのもつ「らしさ」を明確に伝えユーザーに認知してもらうことでファンを獲得することなのです。

  • ビジュアルコンセプト開発
  • ビジュアルイメージ開発
  • ガイドライン制作
  • 広告・PRトータルプランニング
  • 各種印刷物のデザイン制作
  • WEBサイトのデザイン運用
  • パッケージ・空間デザイン
  • その他
 

Design & Produce 商品開発とプロデュース

「モノ」のデザインから「コト」のデザインまで

「モノ」である物質的価値から「コト」である情緒的価値の重視へ時代はシフトしています。それは、多くのモノが世に溢れ過ぎたことによって生まれた現象ではないでしょうか。今のようにモノに溢れモノが余り、モノに関しての様々な情報が飛び交う社会においてはモノの先にあるコトの価値が求められています。そんな中で、どんなモノがどのような市場で売れているのか?イメージしているターゲットやユーザー層に響く商品とは何か?そのマーケットにはどんなスタイルが受け入れられるのか?などを調査研究し単なる商品だけのデザインだけではなくネーミング、ロゴ、パッケージ、広告、WEB、パンフレットなどを含めた一貫性のある開発を行っています。

  • アイデア創出
  • アイデアスクリーニング
  • コンセプト開発
  • マーケティング戦略の立案
  • 事業分析
  • 製品開発
  • 市場テスト
  • 商品化

DEVELOPMENT

ブランド開発

WORK FLOWプロジェクトの流れ

問題解決と目的達成のために3つの流れに基づきプロジェクトを進行します

CIとは、もともとコーポレート・アイデンティティ(Corporate Identity)の略称です。 企業が理念やビジョンを社会と共有し企業内外に統一したイメージをつくることでより良い会社をつくろうとする企業戦略を指します。 その様なCIの中で企業の象徴となるシンボルマークやロゴタイプといった視覚(ビジュアル)の統一をしようという計画を

  1. 【 現状について 】 「強み・弱み」の明確化

    企業や事業の現状や状況を把握し、競合他社と比較したうえで何が強みで、何が弱みなのかを明確にしていきます。そのためには、まずトップや現場の皆様方へのヒアリングをさせていただきます。そして、現状のコミュニケーション展開についてのオーディットと報告、業界動向や社会的背景、競合についての調査・分析までを行います。ここでようやく本質が明確になりプロジェクトのゴールを設定し共有いたします。

    🔎

    調査・分析

    現状に関するブランドや ビジネス、競合の調査分析

    🔎

    理解・共有

    現状や今後のあり方 競合や業界動向の理解共有

  2. 【 ブランドの定義 】 「らしさ」の創出

    ブランドの持つ「らしさ」を抽象的なイメージではなく「言語化」し、デザインすることで「可視化」します。プランニング段階では、ブランドコンセプトやブランドメッセージの策定、トーン&マナーの設定を主体に行います。開発段階においてはシンボルやロゴマークのデザイン、ステートメント開発、キービジュアル開発などのデザインを中心に行い今後の展開に向けたガイドラインの作成やコミュニケーション計画を決定します。

    💡

    プランニング

    ブランド構築に効果的な プランニングのご提案

    ✏︎

    デザイン開発

    コミュニケーションデザインの 開発・検証と実装

  3. 【 認知と継続 】 「展開・運用」の実行

    社会に向けて発信・展開することで認知を得ることが可能になります。ここで重要なことは一貫性のあるコミュニケーションを確立することです。各メディアや媒体、各種制作物において統一感がなければ「らしさ」は決して伝わりません。そして、一方的にメッセージを発信するのではなく状況やタイミングを見計らって柔軟に対応することも必要です。ブランドは立ち上げて終わりではなく継続的に運用することに意味があります。

    📡

    展開

    対外的なコミュニケーション の発信と展開

    ♻︎

    運用

    改善結果の評価と継続的な ブランドマネジメント