BRANDING ブランドの「戦略とデザイン」

BRAND STRATEGYブランド戦略

企業における経営としてのブランド戦略とは

ブランディングを成功させるためには経営ビジョンを可視化し、いかにブランドを戦略的に体系化できるかです。
コンサルティングの過程で気づかされる企業(ブランド)の存在意義、そして企業と社会、企業と社員とのあるべき理想の関係性や姿は
ブランディングという具現化された資産とともに、結果として大きな成果をもたらすはずなのです。
経営インパクトのあるブランディングを成功させるためには「企業の理解力」が何よりも重要だと考えています。
企業を理解することは市場環境やビジネスモデル、競合や経済状況など経営的な側面だけを理解する「ビジネスセンス」だけでなく
社風や企業文化などといった空気感を直感的にとらえるための敏感な「センシビリティ」の両方が必要なのです。

  1. ❶ ブランディングの概念

    企業とステークホルダーを結ぶ「約束」

    ブランドとは、企業が提供する価値や品質を保証し、その背景にある企業の考え方や姿勢を示すものです。言わばステークホルダーとの約束であり、その約束を守り続けることによって、ブランドへの信頼や満足を向上させ続けることができます。ブランディングとはロゴやネーミングなどのデザインのことではなく、企業や組織にプロフィットをもたらす、経営に欠かせない「無形資産」です。「企業価値の向上」を経営戦略の上位に位置付けブランド戦略に取り組むことが重要なのです。

    ブランディングの概念のイメージ図
  2. ❷ ポジショニング

    ブランドの市場での位置づけ

    競合ブランドに対して独自のポジションを築き、差別化をはかることが大きな目的です。また、ターゲットとする顧客からのイメージも重要で、顧客から独自性のある価値を認めてもらうことができれば、ポジショニングがうまく機能し、競合ブランドからの差別化ができます。マーケティング施策や商品のブランディングにおいて、非常に重要なのがこのポジショニングです。ブランドが成功するかどうかは市場の顧客の心の中で、どのようにポジショニングを獲得するかで決まります。

    ポジショニングのイメージ図
  3. ❸ ブランド戦略の基本フレームと展開

    ブランド認知のための活動

    ブランドの認知は消費者にとってブランドとの付き合いの第一歩なのです。そのため、どんな企業であってもまずブランドを認知してもらうための活動が、消費者に対するブランド戦略のスタートとなります。広告費をかけることの出来ない中小企業の場合は、必ずしもCMなどのマス広告がブランド認知に必須であるというわけではありません。成功のポイントは消費者に対して何を訴求すべきかを明確し到達したいターゲットに適した媒体を選定し活用することなのです。

    ブランド戦略の基本フレームと展開のイメージ図

STRATEGY & DESIGN

ブランドの戦略としてのデザイン

BRANDING DESIGNブランディングデザイン

一貫性のある世界観をデザインし正確に伝えることとは

大切なのは「見た目」だけのデザインではありません。いかに経営ビジョンを可視化し、具現化するかが重要なのです。
ブランドを戦略的に構築したBI・CI・VIは見る人にとってこれまでにない共感とロイヤリティをもたらします。
しかし、本当に重要なことはプロセスにこそあります。コンサルティングの過程で再発見する会社の抱える問題点や存在意義。
それらをクライアントと共有しながらユニークで誰からも長く愛されるデザインをすることがわたしたちの使命なのです。

  1. ❶ デザインの3大要素

    ブランディングのおけるデザインとは

    「ロジック」「センス」「情熱」これらが互いに影響しながら導き出されるのがデザインです。ロジカルに考えた戦略と、経験によって蓄積された知覚センス、そこに注ぐ情熱が融合し初めてデザインのイノベーションが起こるのです。そして、デザインは戦略の中に組み込まれることでより実力を発揮します。デザインの役割が広がる中、企業の中でデザインをどう活かすのか、企業戦略やブランド戦略とどう連動させるかを考え、ゴール設定や手法を検証することが重要なのです。

    デザインの3大要素のイメージ図
  2. ❷ 一貫性のあるコミュニケーション

    デザインの整合性とトーン&マナー

    カタログやWEBデザイン等の各種デザイン開発において、ビジュアルイメージを個別に展開した場合、ブランドイメージはバラバラに伝わってしまいます。そのためには一貫性のあるコミュニケーションデザインを行うことが重要です。企業が消費者に対して一貫性のあるデザインでコミュニケーション活動を行うことで理想的な関係性を築くことができるのです。その上どのような環境で展開することが良いのかを俯瞰して考え、最良の環境を設計・デザインしていくことが必要なのです。

    一貫性のあるコミュニケーションのイメージ図
  3. ❸ デザイン表現の構造と認知

    ブランディングとは、自らを再定義

    ブランドのメッセージをデザインによって消費者に端的に伝え、ブランドに対する認知と信頼を得ることが最大の目的です。ブランディングに求められるデザイン表現は、一瞬のパーターン認識によって、理解・共感を促すことです。そして、もう1つは意味やメッセージを明確に伝えるための「理解訴求」と、イメージや雰囲気を伝える「感覚訴求」の2つのバランスです。また、ブランドの個性をどこまで“視覚”に訴えるかがデザインとしてのカギでありポイントとなります。

    デザイン表現の構造と認知のイメージ図

BRANDING WORDブランディング用語集

ブランドを語る場合に使用する用語をご紹介いたします

ブランディングを開発するうえで比較的よく使用するブランディング用語をここではご紹介させていただきます。
分からない専門用語が出てきた場合などに用語辞典としてご活用ください。