技術ブランドの価値と効果とは? | ブランディングデザインの会社チビコのサイトです

Branding Design

CHIBICO BLOG

  • 最新記事

  • カテゴリー

  • [ ブランディング開発論/手法 ]

    技術ブランドの価値と効果とは?

    「技術」は目には見えにくく、分かりにくい場合が多いものです。それを可視化するのが技術ブランドです。例えば、「ヒートテック」は繊維による調温技術のブランドであり「プラズマクラスター」は除菌技術のブランドなのです。「技術力」があるにも関わらずそれが認知や評価がされていないと感じている企業にとって技術のブランド化は有効な戦略なのです。


    技術ブランドとは?

    従来、ブランドとは〇〇の会社の商品が欲しい。とか、〇〇という商品が欲しいというのが一般的です。これは企業ブランドと商品ブランドのことを指しているのです。ですが、例えば「テフロン加工のフライパンが欲しい」という場合は違うのです。企業名でも商品名でもなく「テフロン加工」という「技術」が重要なのです。その場合にはフライパンは何だっていいのです。

    技術ブランドの価値とは?

    [ 技術を売るためのブランド戦略 ]

    「技術」というのは商品を影で支える役割イメージが強く、これは「技術で商品を売る」発想なのです。しかし、技術自身が「強み」なのであれば、その強みを前面に出すことに価値があるのです。つまり、技術という商品を売るという発想の転換なのです。

    技術ブランドの開発と展開事例

    [ ユニクロ / ヒートテック ]

    ユニクロと東レが共同開発した衣服の調温技術のブランドです。消費者が「ヒートテックが欲しい」と言ったとしても実は「ヒートテック」という「技術」を使ったアンダー
    ウェアが欲しいということなのです。正確にはヒートテックという商品はないのです。

    [ ゴア・テックス ]

    ゴア・テックスは、水滴は通さないが空気は通す機能を持つ防水繊維のブランドです。ゴア・テックスはスキーウェアや登山用のウェア、最近では靴などにも幅広く利用されています。

    [ シャープ / プラズマクラスター ]

    シャープの「プラズマクラスター」は日本発の空気の除菌技術のブランドです。この技術は空気清浄機以外にもエアコン、冷蔵庫、自動車など様々な分野にも多く利用されています。つまり、「プラズマクラスター」は商品名ではなく、あくまでも「技術」のブランドなのです。

    [ インテル / インテルプロセッサー ]

    プロセッサーとは、コンピューターの「部品」であり「演算技術」です。本来、プロセッサーはパソコンの筐体の中に収められており外観からは見えないものです。しかし、インテルは、インテル・インサイドのキャンペーンによって可視化しブランド化することで他社との差別化に成功したのです。具体的には、パソコンの筐体に「Intel Inside」のシールを貼ることをメーカーに認めさせ、同時に広告で認知度を獲得したジングルとロゴマークでブランドの認知度を得ました。

    技術ブランドの効果とは?

      1.  技術そのものを可視化し知覚品質を向上させる
      2.  革新性を訴求し知名度を上げる
      3.  競争的差別化のための機会を創る
      4.  ライバル企業に対して参入障壁を確立する
      5.  顧客ロイヤルティを増加させる
      6.  需要圧力を確立する
      7.  交換(代替品に換えられてしまう)可能性からの保護
      8.  OEMブランドのために肯定的な印象をつくる
      9.  価格やボリューム・プレミアムを成し遂げる
      10. プル効果を創造する
      11. OEMメーカーに対する市場における力を増強する

      技術ブランドまとめ

      日本の中小企業には世界に誇る技術力を持つ会社が多い。そのような会社には大抵、職人気質の技術系の経営者がいます。彼らの多くは「技術力」にこだわり、それをブランドとして確立するという発想に辿り着いていないところが多いのではないでしょうか?「ブランド」を単なる程度の低いものを高く見せかける宣伝広告にしか思っていない人もいるのでしょう。技術のブランド化は、顧客を満足させる「素晴らしい技術」があることが大前提です。しかし、「技術」はそのままでは見えにくく特に一般の人には分かりにくいものです。それを分かりやすく可視化することが技術のブランド化なのです。 「技術力」には自信があるものの、なかなかそれが社会で評価されていないと感じているものづくり企業にとって、技術のブランド化はとても効果的な戦略なのです。

      ※ 参考資料:知財ジャーナル/杉本一成氏の論文から一部引用