ロゴデザインガイドライン

Logo Design Guidelines

ブランドロゴのカラーや最小サイズ、使用時の組み合わせや使用可能ロゴ、アイソレーションエリアなどが細かく指定されているもの。有名企業をはじめ、ブランディングに力を入れている企業のほとんどが、何らかのロゴガイドラインを有しています。ちなみに、ブランドロゴやその他のデザインに統一感を持たせることで、社会全体に企業のイメージを発信とする企業政策のことをCI(コーポレートアイデンティティ)と言います。その中で、ブランドロゴを含めた、全体のデザイン体系を統一し、ブランディングを図る動きをVI(ビジュアルアイデンティティ)と言います。つまり、VIはCIの中でもデザインに関する部分を表し、さらにロゴガイドラインは、VIの中でも、ブランドロゴの使用に関する部分の取り決めをロゴガイドラインと言います。ブランドの顔でもあるブランドロゴをデザインする際に、ロゴガイドラインも同時に必要だということをご存知でしょうか?知らない方はロゴが完成した時点で満足していませんか?もしかすれば「ロゴガイドライン」という言葉を初めて耳にした方もいらっしゃるかも知れません。もし、まだブランドロゴをデザインする前なら、遅くはありません。ロゴガイドラインは、単にロゴマークのことだけでなく、企業や商品のブランディングを考える上で、なくてはならないものなのです。ロゴガイドラインとは、その名の通り「ロゴマークのガイドライン」を表すもので、ブランドガイドラインと呼ぶこともあります。ブランドロゴに大切なのは「標準化」です。ブランドロゴを使用するのが一人なら、標準化はさほど難しくはないでしょう。しかし、たくさんの人がブランドロゴを扱うなら、決まり事を作っておく必要があります。その決まり事をまとめたものこそが「ロゴガイドライン」なのです。