シンボル&ロゴデザイン

Symbol & Logotype

ロゴマークとは、企業やブランドのイメージを印象づけるように、ロゴタイプやマークを組み合わせて図案化したものです。「イメージを印象づけるように…」つまり、ロゴマークは、それを見た人が、企業(ショップ等)のイメージを印象的に受け取れるものでなくてはなりません。ロゴマークは大きく分けるとの3つに分類されます。1.「シンボルマーク」シンボルマークとは、企業(店舗・ブランド等)の事業内容・理念・社風・ミッション・歴史などの要素をより簡潔的にそして象徴的に表現したマークのことです。あらゆる視覚コミュニケーション活動(名刺・封筒・パンフレット・ホームページなど)に使用します。有名なシンボルマークでは、アップルコンピュータの「リンゴ」やヤマト運輸の「クロネコ」などが挙げられます。2.「ロゴタイプ」シンボルロゴタイプとは、企業(店舗・ブランド等)の名前をロゴ化したもので、文字を使ってより簡潔的にそして象徴的に表現した文字のことです。有名なところでは「NTTdocomo」「SONY」などが挙げられます。1+2.ロゴマーク(シンボルマーク+シンボルロゴタイプ)また「シンボルマーク」と「シンボルロゴタイプ」が一体化したロゴも存在します。(おそらく、この一体化したロゴが一番多いと思います)シンボルマークは象徴的に、シンボルロゴタイプはシンボルマークのイメージを合わせつつ読みやすく名前をマークのイメージに合わせることができるため、ロゴの存在感がさらにアップさせる効果があります。また、様々な媒体(名刺・封筒・パンフレット・HP・看板・広告など)への汎用性にも優れています。