知覚品質(デザインクオリティ)

Perceptual Quality

ブランディングを成功に導く上で、製品の品質は決定的に重要です。このブログに辿り着いたあなたなら、そのことに異論はないだろう。実際、これまで多くの日本企業が、製品の品質に磨きをかけ、躍進を遂げてきた。特に1980年代には、日本企業が「品質」を武器に世界へ進出し「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と称賛されるほどの存在感を示したきた。その筆頭格であるトヨタ自動車は、今でも「品質」の代名詞だ。当たり前のことだが、多くの生活者は「品質が良いもの」を欲しがる。しかし一方で多くの市場が成熟期に行きつき、どれだけ品質を高めても、ライバルとの差が付きにくくなっていることも事実だ。結果、多くのブランドは価格競争に巻き込まれることになる。あなたのブランドも、多種多様なライバルブランドの狭間で、常に価格競争のリスクに晒されていることだろう。ブランディングの世界には「品質」ではなく「知覚品質」という考え方がある。ブランディングを展開するに当たっては最も重要な考え方の一つとされ、価格競争から脱却し、ブランドの収益性を高める上で欠かせない概念だ。今回は「知覚品質とは?ブランドの知覚品質を向上させる21の手法」と題して、ブランディングにおける「知覚品質」の重要性と、知覚品質を向上させる上で有効な21の手法について事例付きで解説する。特に「品質の違いが失われつつある業界」や「品質の違いがわかりずらくなっている業界」には有効だ。この解説を最後まで読んでいただければ「ブランドの知覚品質」を考える上で必要な視点や、その有用性が理解できるようになる。そして「知覚品質」を高める手法をあなたのブランドチームと共有できるようになる。その結果、ブランドロイヤリティの獲得やライバルブランドとの差別化に向けて、適切なアクションが取れるようになるはずだ。また、以下の参考記事を合わせてご覧いただければ、抽象的でわかりずらい「ブランディング」に関して、より体系的な理解が深まるはずだ。