ブランド戦略 | 用語集カテゴリー | ブランディングデザインの会社チビコのサイトです

Branding Design

CHIBICO BLOG

  • 最新記事

  • カテゴリー

  • [ ]

    ブランド構築

    顧客が求める価値を提供できるブランドを企業が一定の方針の下、戦略的に構築すること。企業側は、ブランドにより一定以上の品質やサービスなどの提供価値を約束し、顧客はそれを得るためにブランドに対して対価を支払う。 ブランド構築を考える際には、…

    [ ]

    プロダクトブランド(商品)

    プロダクトブランドとは製品や商品のブランドのことをいう。プロダクトブランドは、様々な種類があり解釈も広く様々な商品カテゴリーへ展開しているメーカーも多い。例えば、味の素という会社は、「味の素」という調味料素材を起点に現在は冷凍食品、その…

    [ ]

    ブランド体系

    ブランド体系とは、ブランドの役割やブランド間の関係、製品と市場との関係などを表す。ブランド・ポートフォリオの体系的な構造のことをいう。また、ブランド体系はコーポレートブランドと事業ブランド、更に製品ブランドなどその他のブランド全体の構造…

    [ ]

    技術ブランディング(テクノロジー)

    技術ブランディングとは、製品ではなく、企業の保有する独自の技術やノウハウ、素材、部品、システムなどにフォーカスを当て、魅力ある強い「技術ブランド」として構築することです。世界的には「DOLBY」、「GORE-TEX」、「Intel」など…

    [ ]

    ブランド戦略

    消費者が商品やサービスを選択する際に手掛りやよりどころとするメーカー名や商品シリーズ名に重点をおいた戦略。そのイメージを強化,向上させることで,長い間には顧客の間に一定のブランドに対する信頼感が定着することになる。マスター・ブランド戦略…

    [ ]

    ロイヤルカスタマー

    ロイヤル・カスタマーとは、ある企業や商品・サービスに対して、忠誠心の高い顧客のこと。需要が低迷する中では、継続して商品やサービスを購入してくれる忠誠心の高い顧客を育てることが重要だ。そのためには、提供する商品やサービスだけでなく、その販…

    [ ]

    ブランド資産

    信頼感や知名度など無形の価値に裏付けられたブランドの資産的価値。ブランド・エクイティを構成する要素として、ブランド・ロイヤルティ、ブランド認知、知覚品質、ブランド連想、その他のブランド資産(特許、商標、流通など)を挙げている。資産的価値…

    [ ]

    カスタマーインサイト

    カスタマーインサイトとは、消費者の行動や思惑、それらの背景にある意識構造を見ぬいたことによって得られる「購買意欲の核心やツボ」のこと。「顧客インサイト」や「消費者インサイト」など、対象による消費活動や購買意欲を促す潜在的な欲求のスイッチ…

    [ ]

    ブランドビジョン(理念)

    ブランドビジョン。ブランドとして将来かくありたい、乃至はあるべき姿を明文化したもの。現在実現できていなくても、将来必ず実現するという意志の表明。社会的な意義を包含するものが多い。例えば、社員や会社の提供する価値は何かを定義するような理念…

    [ ]

    エクスターナルブランディング

    エクスターナル・ブランディングとは、消費者など外部のステークホルダーに向けて行うブランディング活動のことをいう。特に、インターナル・ブランディングとの対比で用いることが多い。…

    [ ]

    ブランドバリュー(ブランド価値)

    信頼感や知名度など無形の価値に裏付けられたブランドの資産的価値。ブランド・エクイティを構成する要素として、ブランド・ロイヤルティ、ブランド認知、知覚品質、ブランド連想、その他のブランド資産(特許、商標、流通など)を挙げている。資産的価値…

    [ ]

    空間環境ブランディング

    空間を通してブランドを伝える手法あるいは概念。たとえばショールームなどはその典型だが、空間では視覚情報だけでなく、聴覚・嗅覚を刺激する情報の投与も可能となる。五感にアプローチする演出で、ブランドを効果的に伝達できる、もっとも重要なブラン…

    [ ]

    ブランドポジショニング

    ブランド・ポジショニングとは消費者の認識に自社ブランドを正確に位置付け、自社ブランドと他ブランドの位置付けを明らかにすることをいう。…

    [ ]

    グループブランド

    グループのブランドを一体感を醸成しながら市場開発や認知度向上に生かすこと。グループブランディングの視点は大きく分けて2つあります。それは、(1)グループ内求心力の醸成、(2)ブランド体系の整理です。事業ドメインごとなどに企業分割を行って…

    1/2 pages