ビジュアルアイデンティティ(VI)

Visual Identity

VI(ビジュアル・アイデンティティ)とは、Visual Identityを略したものです。コーポレートブランドの価値やコンセプトを可視化した、ブランドシンボルやロゴデザインなどを中心にブランドカラーやサブカラーシステム、サブグラフイック、指定書体など、ブランドを象徴するデザイン要素一式を総称してVI(ビジュアル・アイデンティティ)と呼びます。VIシステムといった場合には、これらの展開方法や使用規定などのこと細かなルールを規定することを示し、VIマニュアルやVIガイドラインと呼ばれるルールを纏め上げたブック形式のものを指します。最近では、印刷するケースは少なくPDFファイルによって管理し共有させるケースがほとんどです。VI(ビジュアル・アイデンティティ)とは視覚のブランディング企業や商品、サービスなどのブランディングを行ううえで最も効果的で最も認知されやすいものは、シンボルマーク、ロゴデザイン、ブランドカラーなどに代表されるVI(ビジュアル・アイデンティティ)です。視覚は人の五感の内の70%以上を支配していると言われています。 企業理念・ビジョン、商品の価値を可視化し社会に伝えることが、VI(ビジュアル・アイデンティティ)の役割です。 また、CI(コーポレート・アイデンティティ)の構成要素として視覚的要素のVIを用いる事で、社内の意識統一や共有を行い、組織の活性へと導きます。VI(ビジュアル・アイデンティティ)の意味と目的とは?会社案内、広告、ホームページ、商品パッケージやDMといったあらゆるものに使用される総合的なビジュアルイメージには企業の本質を表す質の高いものが必要となります。デザイン性や一過性の流行だけを追い求めたものではなく、企業やブランドが何を大切にし、どのような思いで活動しているのかを理解し最適化した上で社会や社内に向けてアウトプットすることがとても重要になります。もちろん各製品やブランドにも同じくその成り立ちやストーリーがあります。消費者の心に訴えかけるカタチで可視化するVIは、商品やサービスにとって必要不可欠な要素です。企業やブランド、商品の理念やコンセプト・バリューをヒアリングし、分析を重ね、それぞれの特性や魅力を最大限に引き出し、最適なビジュアルイメージを構築することが重要なのです。