CHIBICO BLOG

[ トピックス ]

河合寛次郎記念館@東山(京都)

住まい兼仕事場を訪ねて

日常的な暮らしの中で使われてきた手仕事の日用品の中に「用の美」を見出し、活用する民藝運動。その中心的人物が柳宗悦、濱田庄司そして陶工・河井寛次郎である。

建物のみならず、館内の家具や調度類もすべて寬次郎のデザイン、あるいは蒐集によるもので、それぞれが個性を発揮しつつも、不思議な統一感と世界観を生み出し、当時の暮らしや制作現場、空気までもが感じ取れるまさに異空間でした。

寛次郎が残した言葉「暮しが仕事、仕事が暮し」の意味を噛み締めつつ創作意欲が掻き立てられる貴重な時間を過ごすことができました。

河合寛次郎記念館

[ 公式サイト ] > http://www.kanjiro.jp

京都市東山区五条坂鐘鋳町569
電話・FAX 075-561-3585

【 電車 】

京阪電車「清水五条」駅より徒歩10分

【 バス 】

[ 京都駅より]
市バス206番系統 「馬町」下車 徒歩1分
洛バス100号「五条坂」下車 徒歩4分
[ 四条河原町より]
市バス207番系統 「馬町」下車 徒歩1分

【 開館時間 】

10:00~17:00(入館受付 16:30まで)

関連記事

  • CATEGORY

  • ブランディングを語る際に使用する用語集です。
    分からない用語が出てきた場合などにご活用ください。
    日々の暮らしの中の愛用品から街で見つけたデザインまで
    気まぐれに採集しています。
    弊社がブランディング開発をしてまいりました
    プロジェクトごとの実績集です。