CHIBICO BLOG

[ ブランディングデザイン ]

ロゴデザインの変更は、企業の決意表明である

人気画像共有アプリのインスタグラム(フェイスブック傘下)は、これまでビンテージカメラ風だったモバイルアプリのアイコンのデザインを変更、 よりシンプルでカラフルなデザインに刷新した。ポラロイドカメラを思わせるこれまでのアイコンのデザインを変えたインスタグラムには、批判の声も相次いでいる。だが、すでに消費者の間に浸透した自社 ブランドのロゴをシンプルなものへと変更した企業は、同社以外にも多くあります。

https://www.instagram.com


ロゴデザイン変更の理由

インスタグラムのデザイン部門を率いるイアン・スパルターはデザイン変更の理由について、オンラインプラットフォーム「ミディアム(Medium)」の投稿の中で、次のように語っている。

● 従来のアイコンはユーザーのコミュニティーを反映したものではないような気がし始めていた。
● 自社サービスを利用する人たちの多様性をより適切に表現すること。

知らない間に変わっているロゴ

いつの間にか変わってる。今さらといえば今さら。ミニマルなフラットデザインがトレンドの中、Instagramのアプリだけが従来型のデザインでホームスクリーンの中で浮いていた。 今回のリニューアルは賛否両論あるが順当な流れでのデザイン変更なのではないでしょうか。ちなみに、Instagramの連携アプリ、レイアウトとブーメランも同様のスタイルのデザインにリニューアルされてます。

決意表明には明確さとデザインが重要

今回のインスタグラムのアイコン変更も大きな変更なのですが、インパクトという意味ではUberのロゴとアイコンの変更も大きかったのではないでしょうか。ロゴ、アイコン、マーク、シンボルなどのデザイン変更は本当に企業にとっては大きな勝負である。ひらがな表記にした銀行は親しみやすさを表明。富士重工は会社ではなく自社製品重視を表明。 ということなのでしょう。一方では任天堂のように、扱う製品の変化に伴い、デザインを変える場合もある。新しいロゴデザインとは、たとえ反発を買うことになっても進化に向けての自らの意思を示そうとする、企業の決意の現れなのです。

【 おすすめ記事 】 ブランドのシンボルとロゴデザイン開発のポイント
https://chibico.co.jp/blog/branding-design/brand-symbol-logo-024/

【 おすすめ記事 】 ロゴデザイン開発の定番フォント10選と展開事例
https://chibico.co.jp/blog/branding-design/logodesign-font-044/

関連記事

ブランディングデザインという言葉をご存知でしょうか?ブランドをデザインする…
ネーミング開発のポイントと表現方法
企業はもちろん、商品やサービスに至るまで、企業の資産のほとんどのものに名前…
YAMAHAのロゴデザイン、微妙な違いの深い意味。 一見すると同じにも見え…
クレドの必要性と効果とは何か?
インナーブランディングとは、企業が社員に対してブランドの方向性や目指すべき…
ネーミングにはヒットの法則があることをご存知ですか?① ネーミングは「音」…
CI(コーポレート・アイデンティティ)という言葉を聞いたことがある。もしく…
暮らしの中で見聞きすることが多いのブランドスローガン。しかし、そのフレーズ…
ネーミング変更の成功事例
モノやサービスが溢れる中、ブランドとして埋没せず独自性を発揮するためには、…
CI(コーポレートアイデンティティ)戦略とデザイン開発
日常生活の中で、すぐに思い出せる企業は、いつも同じことを語り商品やサービス…
ロゴデザイン開発の定番フォントとは?
ロゴデザインのイメージを決定づける重要な要素のひとつにフォントがあります。…
  • CATEGORY

  • 日々の暮らしの中の愛用品や街で見かけた気になるデザイン
    弊社のデザイン実績などをご紹介させていただきます。
    ブランディングを語る際に使用する用語集です。
    分からない用語が出てきた場合などにご活用ください。