CHIBICO BLOG

[ ブランド戦略 ]

地域ブランディングの成功事例

近年、地域の魅力を再発見し独自性を打ち出した地域ブランディングが注目されています。その中の1つである海士町のブランディングの成功事例をご紹介させていただきます。成功の秘密はブランドコンセプトやブランド戦略が綿密に立てられているだけでなく問題点と課題を明確にし解決までのストーリーがしっかりしている点だと思います。


地域ブランディングの問題点と課題

● 人口減少
● 財政難

10年前までは少子高齢化と財政の悪化により財政再建団体になるのではないかと考えられていた。

【 地域ブランディングのコンセプト 】

「ないものがない」その意味とは何なのでしょうか?

● 必要ないものはなくてもよい
● 大事なことはすべてここにある
● つまり、ないものねだりをしない

つまりハンデをプラスに変えるという発想の転換ということなのです。ブランドコンセプトは、「必要ないものはなくてもよい」「大事なことはすべてここにある」という二重の意味を表現しています。 離島である海士町は都会のような便利さもなくモノも豊富ではない。しかし、自然環境や地域の人々とのコミュニケーションが豊かなのである。 島にある個性を上手に活かした海士町ならではの魅力的で分かりやすいブランドコンセプトでありブランド戦略なのです。

地域資源を最大限に活用する

● 観光協会(雇用の確保と島外からの新卒者採用)
● ふるさと海士(第三セクターが毎年2億円以上の売上げ)
● 隠岐潮風ファーム(地元建設会社によるブランド牛)

「旅島」に「隠岐牛」地域特産品もブランド化し商品をプロデュース。ないものはない。をコンセプトに海士町の観光協会は「島旅」と称して海士町への観光をまちぐるみでブランディングし、島食・島宿・島活の3つの柱で旅を構成しています。このように、その土地ならではの風土や食、伝統産業など、個性や特徴のある地域文化や産業を活かしたブランディングが 様々な手法やアイデアで各地域で生まれています。

関連記事

  • CATEGORY

  • ブランディングを語る際に使用する用語集です。
    分からない用語が出てきた場合などにご活用ください。
    日々の暮らしの中の愛用品から街で見つけたデザインまで
    気まぐれに採集しています。
    弊社がブランディング開発をしてまいりました
    プロジェクトごとの実績集です。