インナーブランディングによる社内浸透と効果とは | ブランディングデザインの会社チビコのサイトです

Branding Design

CHIBICO BLOG

  • 最新記事

  • カテゴリー

  • [ ブランディング開発論/手法 ]

    インナーブランディングによる社内浸透と効果とは

    インナーブランディングという言葉をご存知でしょうか?インナーブランディングとは企業が社員に向けてブランディングを行う活動を意味します。実践している企業とそうでない企業とではブランディングの質や効果が大きく違ってきます。ブランディング活動を取り組んでいるのにあまり効果が出ない・・・という問題を抱えている企業はインナーブランディングを見直してみましょう。では、今実施すべきインナーブランディングとは一体何なのでしょうか?


    インナーブランディングとは?

    ブランディングと言えば、商品やサービスのブランディング、つまり顧客や見込み客に向けて行うアウターブランディングが一般的ですが、近年それに加えて企業のブランドを社員に浸透させるインナーブラディングの重要性が高まっています。インナーブランディングとは、企業ブランドの価値や目指す姿を全従業員に理解させる啓蒙活動であり、その対象は役員から新入社員、派遣社員、アルバイトスタッフを含む社内の人間全てに及びます。会社の外に向けてのブランドは構築できても、社内ではなかなかブランドが構築できない経営者も少なくありません。インナーブランディングは文字通り社内に向けた施策であるがゆえ、収益に直結するアウターブランディングと比べて軽視されがちなのですが、近年では特に品質管理問題や従業員の不適切な行動による損害発生を防ぐ効果を期待し取り組む企業が増えています。社内向けにブランドを確立しても自己満足で終わるだけと誤解されることがありますが、インナーブランディングはアウターブランディングとも密接に結びついています。従業員の意識改革は行動変化となって外側にも現れ、企業のブランドイメージの向上、従業員のモチベーションアップ、優秀な人材の獲得を含む企業の成長につながります。つまり、事業拡大を目的としたアウターブランディングを実現するプロセスにおいて、インナーブランディングが効果を発揮するということなのです。

    インナーブランディングの効果とは?

                  

    [ 社内の考え方や行動を統一できる ]

    会社が何を目指しているのか?どこのゴールに向かって何をやっていこうとしているのか?という企業の理念やビジョン、プロセスを正しく理解している社員は少ないと思います。ですが、インナーブランディングを実施することによって「企業ブランドとは何か」ということを社員一人一人が正しく理解し、志の高い雇用を生み出すことができます。その結果、パフォーマンスも高くなっていくという効果があります。

    ブランドの社内浸透と行動規範

    [ 現状を変えなければという社内意識 ]

    インナーブランディングとは、「企業で働く社員一人ひとりがブランドの目指す姿、ビジョンや経営理念等を深く理解・納得し、自分のこととして行動することにより、お客様に対して提供する価値を向上すること」です。そして、インナーブランディングを推進するためには、社員のエンゲージメント向上施策や組織改革、業務プロセスの改善などの施策を行うとともに、経営と各部門、社員との間でスピーディーに情報のやりとりができるコミュニケーション基盤を整えることが必要です。しかし、インナーブランディング推進をミッションとしている広報部や経営企画部の担当者から「インナーブランディングをやらなきゃいけないのですが、他部門と連携していくのは少しハードルが高い」というような相談を受けることがあります。確かに、インナーブランディングは企業の1部署だけで実現できるものではありません。理想は経営トップの強力なコミットのもとに全社一体となった取り組みを進めていくことですが、それができない場合はまず1部署でできることから積み重ね、徐々に周囲を巻き込むムーブメントとして育てていくという方法もあります。インナーブランディングの第一歩は「現状を変えなければ」という意識を持った担当者がまず小さなアクションを起こすことです。そして実績を積み重ね、徐々に大きなチャレンジにつなげていくことなのです。

    インナーブランディングの進め方

    [ 経営と社員全ての接点を最適化する ]

    インナーブランディングを進めるにあたって、最終的には社員との接点をすべて目的に合わせて最適化していかなければ、「あっちで言っていることと、こっちで言っていることが違う!」と社員が不信感を持ってしまうことにもなりかねません。そのためには社員との接点を持つ部門や各職場の管理職と協力関係を構築し、ともに取り組んでいくことが重要です。しかし、多くの企業は縦割り組織で、部門連携での取り組みが非常に難しいという声をよく聞きます。また、取り組むべきだと思っても、「時間がない」「大変そう」「自分の仕事じゃない」と賛同してくれる人がいないと悩む担当者も多いのです。組織内の人間が矢面に立って部門連携の体制を作ろうとすると困難が多いのですが、外部のアドバイザーやコンサルタントが複数部門の間に入ることでスムーズな体制づくりが可能なのです。「何となく」「よくわからないけど」でも構いません。「何かを変えたい」「できることからでもやってみたい」そう思う方は、まず味方になってくれそうな人を社内や社外から探すことも重要なのです。

    インナーブランディングの具体的なプロセス

    [ 施策内容と進行プロセス ]

    企業・組織の規模や状況によって施策内容は若干変わりますが、「目的を明確にせず施策に走ると絶対にうまくいかない」ということです。社員の中で「誰」に「どのような行動」を起こしてほしいかを具体的にイメージしてコミュニケーションをすることが必要です。また、人間は非常に忘れやすい生きものであるため、重要なメッセージは繰り返し繰り返し発信し伝え続ける必要があります。

    [ 社員と共に描くブランドのビジョンやバリュー ]

    企業理念やビジョンを新たに策定する場合、経営陣が中心となって方向性を定めるのが一般的です。しかし、社員を巻き込んで理念の再構築を実施することも時には効果的なのです。経営・次世代リーダー層と若手中心のメンバーそれぞれが思い描く未来像と、大切にしたい「自分たちらしさ」について議論を重ねることもの必要なのです。経営者の想い、現場の声、第三者の視点、これらをとことん突き詰め、その企業らしい体温が感じられる言葉で紡ぎ出したビジョン、ミッション、バリューは社内に納得感と、これからへの期待感をもたらすのです。

    インナーブランディングに期待できる効果

    1.  社員の顧客志向の向上
    2.  社員によるブランド価値の社外発信
    3.  仕事への誇りとやりがい向上
    4.  若手社員・中途採用社員の離職率低減
    5.  顧客満足度の向上
    6.  顧客視点の新製品・サービス開発
    7.  目指す姿の一元化による社内一体感醸成
    8.  合併や統合企業での社員意識の一元化
    9.  経営方針の社内浸透と業務活動での実践

    インナーブランディングに期待する効果の変化

    インナーブランディングに求める効果も、「社員の意識改革」から、「意識をもった社員の行動」へと変化しています。活動の目標を「すべての社員がブランドを意識した行動を日常化させ、マーケティング活動に積極的に貢献する企業文化の構築」とする企業が増えています。 インナーブランディング活動の成果が期待させる業務も、製品開発から製品やサービスの品質向上、業務効率の向上、顧客対応の改善など、企業活動のすべての分野へと広がりました。また、インナーブランディング活動による社員のマーケティング貢献力の強化も、企業のマーケティング戦略を考える上で欠かせないものとなってきています。